サーキット!
アライ アシストフード

ヘルメットリムーバー
 安全且つ迅速にヘルメットを脱帽できるシステムでヘルメットと別体式の頭巾タイプが装着義務付けられています。

Riderの準備編

ヘルメット
 MFJまたはFIM公認のフルフェイスでないとレースに出られません。レース以外でも安全の為、公認の物を選びましょう。

グローブ
 革もしくは革と同等の素材。手首が見えてしまう短い物や、脱げやすい物は不可。

レーシングスーツ
 革もしくは革と同等の素材であり、MFJ公認でなければレースに出られない。レース以外でも安全の為、公認の物を選びましょう。最近は3万円位から売られています。

ブーツ
 革もしくは革と同等の素材。くるぶしが見えてしまうような短い物は不可。

ピットクルー
 レースに出る際はMFJのピットクルーライセンスを取得している者がライダー1名につき一人必要です。申請だけで取得できるので特殊技能や知識は不要です。
 レース以外のサーキット走行では同行者なしの申請をすれば一人でも走行出来ますが、万が一に備えて複数人で行ければ安心です。 

Riderの準備編
サーキットライセンス

 サーキットを走行するには(体験走行などを除いて)サーキットライセンスが必要になります。各サーキットによって個別に取る必要がある為、走りたいサーキットの数だけ必要。更新は1年ごと。

筑波サーキット
 ファミリークラスの走行枠のみ走れるファミリー限定ライセンスと、+スポーツ走行枠を走れる筑波ライセンスの2種類がある。
 通称はファミリー会員とスポーツ会員

詳細は 筑波サーキット HP

ツインリンクもてぎ
 TRMC-S(TwinRingMotegiClub-Sports)がサーキットライセンスの呼称。
 クレジットカードが自動的に付いてきてしまう。

詳細は ツインリンクもてぎ HP

サーキットライセンス

 レースに出場する為には競技ライセンスが必要。ボクサートロフィーの場合はMFJ(日本モーターサイクルスポーツ協会)のライセンスを取得しなければなりません。取得する為にはサーキットライセンス(どこのでも良い)を持っていなければ申請できません。更新は1年ごと。

 レースに出場する人のピットクルーとして参加する為に必要なライセンス。
 簡単に取得できるので、家族にピットクルーライセンスを取ってもらっているライダーも多い。

 レースを走る為に必要なライセンス。最初はフレッシュマン、規定の走行時間を消化し、申請することで国内ライセンスに昇格することが出来る。
 ボクサートロフィー出場にはフレッシュマンでOK。
 ボクサートロフィーエキスパートや、もて耐には国内ライセンスが必要。

MFJホームページ

詳細は

サーキットライセンス

 ちびっこだってバイクに乗りたい! ツインリンクもてぎには、身長105cm以上で自転車に乗れるちびっこ向けにキッズバイク(電動ミニバイク)がある。上手に乗れたちびっこにはライセンスを発行してくれるぞ!

 ヘルメットやプロテクターは貸してもらえます。コースの路面はゴムで柔らかく出来ているので安心。
 大人も乗車オッケーなので、親子でランデブー走行も可能!

詳細は ツインリンクもてぎ キッズバイク

バイクの準備編へ
TOPページへ
TOPページへ