サーキット!

例)汎用タイプにステーを自作した物

2005年よりアンダーカウル(オイル受け)装着が義務化されました。エンジン下部よりオイルが漏れた際に、オイルをコース上に撒いてしまわないようにです。車種別専用品が無くても汎用品で対応できます。

装着義務

ファイナルドライブギヤのフィラー&ドレンボルト

エアクリーナーボックスのドレン。左はR1100S、右はRS等。

ガソリンのブリーザーホースにはキャッチタンクが必要で、タイラップ等で固定の後、更にワイヤリング。

ドレンボルトが横にある車種

ミッションオイルのフィラーボルトとドレンボルト(下側にある車種)

エンジンオイルのドレンボルトとオイルフィルター
フィルターはK&N製を使うとワイヤリングが簡単。

エンジンオイルのフィラーキャップ

オイルを入れるところ、抜くところにはワイヤリングが必要です。ボクサートロフィーの場合はエンジンオイル・ミッションオイル・ファイナルドライブギヤオイルのフィラー及びドレンボルト、オイルフィルター、エアクリーナーボックスのドレンボルト、ガソリンキャッチタンク、イグニッションキーの抜け飛び防止にワイヤリングが必要です。

各部ワイヤリング

 RSやロードスターは取り外すことが出来るので、このようになります。

 おおぉ、レーシー。

RSの場合、ヘッドライトを外すとウインドシールドユニットを固定できなくなるので、シールド無しのこの状態で走ることになります。

 ウインカーは独立型の場合は取り外し、埋め込みのタイプは電球を抜いた後、レンズに全面テーピングをして装着すればOK。 テールレンズも電球を抜いた後、全面テーピング。

 ヘッドライトはテーピングではなく取り外し。外してポッカリ開いた穴には段ボール紙等で穴埋めするとゼッケンが貼りやすいです。

バイクの準備
サーキット走行(練習走行等)

 レースではなく、練習等でサーキット走行をする際は、基本的に公道走行状態でOKです。ただし、ライト・ウインカーレンズ・テールレンズ等の、転倒した際に飛散する可能性のある部位はビニールテープ等でテーピングを施す必要があります。バックミラーは外しましょう。

サーキット走行(練習走行等)
レースに不要な部品はどんどん外しましょう!

バックミラー
    不要です。

ウインカー、ナンバープレート、泥よけ
   要りません。

車載工具及びパンク修理キット
   下ろしましょう。

外したパーツの量は段ボール箱一つ分にもなります。車体が軽くなってますよ。

サイドスタンド及びセンタースタンドは当然外さないといけません。サイドスタンドを外した際には、スタンドのスイッチをスタンド格納位置にして固定しないとエンジンが始動しませんので要注意です。
 タンデムステップも外しましょう。

ゼッケン 読みにくい書体は車検で落とされます。要注意。

フロントゼッケンはカッティングシートをえいっ! っと貼る。多少のシワはご愛敬。

横のゼッケン。こんな荒技もオッケー。但し、走行中に破れるような貼り方は不可。

サイドカウルを外してゼッケンプレートを使うのもアリです。

ゼッケンプレートはステーでしっかり固定しましょう。

TOPページへ
TOPページへ
ライダーの装備編へ

 ホイールのバランスウエイトにはガムテープを貼って剥がれ飛ぶのを防止。
 ホイールと同色のガムテープを使えばスタイリッシュ!

イグニッションキーもワイヤリング

リヤホイールボルト

アクスルシャフト、ボルト、クランプボルト

前後ブレーキキャリパーのボルト及びパッドピン

 下記のワイヤリングはボクサートロフィーの場合、義務づけされてはいないが、安全の為にも実施を推奨します。尚、ボクサートロフィー以外のレースの場合、下記の部位についても義務づけされている場合が多い。

ワイヤリング(推奨)

オイルフィルターの横にあるオイルホースのバンジョーボルトもワイヤリング