裏TOPへ浮上

   ベンベー以外のちっちゃいバイクの四方山話

よもやまばなし

ちっちゃなバイク
もっと過去の猿の惑星
さらに過去の猿の惑星
2017年10月3日(火)
カブにスマホステー

 カブでツーリングへ行くことになったので、カーナビ替わりのスマホのステーを作ってみた。


 何かに使えるかもと思って捨てずにいたウインドスクリーンの取付ステーを利用しました。 程良い長さに切って曲げる。


 必要な穴を開けたL形の平板をステーに溶接。



 黒く塗装した上に艶消しクリヤで上塗り。


 スマホを咥えるパーツは、何かの景品でもらった自撮り棒の先端部分を外して使用。平板にはネジで固定。



 なーんかいい感じじゃない?♪♪♪(´∇`)


※後日追記

 スマホを装着して走っていたら、ちょっとした段差でスマホが吹っ飛んでいきました( ̄Д ̄;)

 咥えるテンションが弱いようです。さすが自撮り棒用。脱落防止に輪ゴムを捲くことで解決させました(超手抜き♪)



2017年9月27日(水)
カブ エンジンオイル交換

 現在入っているオイルはまだそれほど汚れていませんが、銘柄が不明だったので交換することにしました。

 100%化学合成油のシュロスLEOに交換しますが、悩んだのが粘度。メーカー指定は10W−30。

 空冷エンジンだし乗れば必ずブン回すので、10W−40あたりを入れたい気もしますが、これから冬だしシュロスオイルの販売元さんはカブには5W−30を薦めているようだし・・・


 うむむむむ、よし。LEO5W−30SNで行ってみよう。

2017年9月26日(火)
PCXのバッテリー交換
 新車購入して乗り出してから5年と3ヶ月。バッテリーがそろそろ怪しくなってくる時期です・・・ってかもっと前から心配しないとダメな箇所ですね(^_^;)

 頻繁に補充電を行ってたおかげで長持ちしたと思います。

 今どきのスクーターはキックスターターが無いので、バッテリーがダメになると、ウンともスンとも言わなくなります。


 なのでダメになる前に、予防的に交換する必要があります。

 バッテリーの型式はYTZ7S。初期充電をし、交換日を記入したシールを貼って取り付け。
2017年9月25日(月)
自賠責ステッカー
 6月でPCXの自賠責保険が切れました。新車で購入して5年。早いもんですねー。

 んで何年の保険にするか? 自賠責のステッカーは年によって色が違います。

 ピンクナンバーに合う色は・・・赤だな。と言うわけで平成34年満期の自賠責保険に加入。

 拘るならここまで拘らないと(^-^)

 6月に更新しておきながら全く乗っていなかったので、今日やっと貼り替えられました。
2017年9月14日(木)
カブ 初めての燃費計算

 私の元に来てから初めての燃費計算。

 111km走って2.79L給油。

 燃費=39.78km/L

 思ったより走らないなー 50位行くかと思ってました。

 タンク容量が4Lなので、空っ欠になるまで走ったとして160km、余裕を見て130kmあたりで給油しないと怖いですね。

2017年8月27日(日)
ヘッドライトバルブ交換

 ヘッドライトが暗い。カブだからこんなもんか?

 たしか前オーナーさんが高効率ハロゲンバルブに交換しているはず。

 電球(左)を外してみたら、あらあら黒くなっちゃってる(^_^;) これでは性能も劣化してますね。記録を見たら、交換してから13,000km走ってました。

 今回はハロゲンガス高圧封入&色が白くなるタイプ(右)に交換しました。明るく、そして見やすくなりました。

2017年8月27日(日)
カブ ウインカー交換

 カブはカスタムし始めるとキリが無くなる・・・

 分かりきっていたことなので、絶対にやらないと決めています・・・・・が、これだけはやりたいっっっ。

 セカンドバイクとしてカブに乗っているお客様が、以前カブで来店された時にふっくらしたウインカーを指差して「このウインカーレンズはおっぱいウインカーと言って可愛いんですよー」と教えてくれた事をずーっと憶えていました。


 自らがカブ主となった今、おっぱいウインカー、交換するっきゃないっしょー



 奥がノーマル、手前がおっぱいウインカーです。もちろん前後左右交換しました。

 商品名は砲弾型ウインカーですが、通称のおっぱいウインカーの方が可愛いので、私はおっぱいウインカーと呼びます(^-^)


 まーるいふっくらした形が、とってもプリチーです(^ω^)



2017年8月8日(火)
カブ主


 こんなガチャガチャがあるんですねー。


 昔も今もスーパーカブは人気者のようです。

 回してみよっかな〜♪ この手のガチャガチャは大概¥200・・・おっ、これは¥300。

 んー  どーしよー  んー

 やめとこ (*´ω`*)










 数日後、なんと頂いてしまいました。

 全長5cmほど。良く出来てます。

 手乗りサイズでかわゆいですね〜


 大きくな〜れ〜 大きくな〜れ〜 大きくな〜れ〜

 ぽわぽわぽわぽわぽわわわわ〜ん






 はっ! 大きくなっちゃった! (゜ロ゜屮)屮


 なら登録しなくちゃ!


 スーパーカブのオーナーの事を株主ならぬカブ主と呼ぶそうです。

 気付いたら店長、カブ主になっていました。







 店長は川口市民なので、当然ナンバープレートは川口市。窓口で通常の物とご当地物が選べるというので、変わり種が好きな私はご当地バージョンをチョイス。

 90のカブなので、黄色ナンバーです。

 川口は鋳物の街として栄えた街なので、キューポラ(鉄の溶解炉)が描かれています。
    





2017年6月3日(土)
ボルテージレギュレーター故障
 チビが走行中にエンストし、再始動できなくなってレッカーで運ばれてきたZeaLさん。

 セルが回らないので、予備バッテリーで試してみると元気良く始動。念のためバッテリー電圧を測定すると、みるみるうちに降下。11Vまで下がり、エンジンを停止すると電圧は徐々に上がってきます。

 ということは、バッテリーではなくレギュレーターが怪しい。

 3年前の車両購入時に交換しているのでまさかと思いましたが、部品を手配することに。3年前は生産中止部品だったのですが、一応確認してみたら復活してました。が、価格が税抜¥11,300。お高い。

 前回同様、中国ヤマハの対応品を使うことにしました。なんと値段がビックリ超安値だったので、予備も含めて二個購入。

 嘘かホントか分かりませんが、生産時の検品で見つかった不良廃棄パーツを横流しされた物が安く出回っているという噂もありますが、値段に釣られてまた手を出してしまった(^_^;) 懲りませんね〜

 ちなみに前回交換した中国ヤマハの純正レギューレーターは、使用期間2年6ヶ月、走行805kmで壊れました。

 ヤマハのラベルが貼ってあるからといって、本物の純正部品とは限らないですからねぇぇ。恐ろしや恐ろしや。

 レギュレーターのアース配線はボディアースなのですが、今回は念のためバッテリーのマイナス端子に配線しました。




 何年前のバッテリーか不明だった、購入時に搭載されていたバッテリーもついでに交換。

 元気復活!




2017年2月5日(日)
JOGさんが吹けない

 チビがJOGでお店にやって来て、速度が30km/hを超えた辺りからエンジンが吹けないという。

 試乗してみると確かに吹けない。失火している感じがします。













 点火プラグ
を外してみたら、こんなんなってました(゜Д゜)



 こんなじゃまともには走りませんなぁ〜



 前回の交換からの走行距離は6,366km。2サイクルは4サイクルの2倍爆発してますし、原付は常に全開走行だから交換時期は早めに考えた方が良いですね。






 新品の点火プラグに交換したら絶好調!





ちっと過去の猿の惑星
猿の惑星
過去のちっちゃなバイク